ハイエースのヘッドライト分解してみた2

ハイエースのヘッドライト分解してみた2 の内容を説明するページ。トヨタのHIACE(CBA-TRH214W)のカスタム日記やパーツ紹介


ハイエース200系ワゴンGLブログ



ハイエースのヘッドライト分解してみた2

200系ハイエースによく見かけるウインカーのカスタムで、ウインカーポジション+LEDを埋め込み。
ちょっと良さげだったので私のハイエースのウインカーにもLEDを入れてみました。

今回は外した200系ハイエースのヘッドライトにLEDを付けていく作業です。前回@はコチラです

ヘッドライトはレンズと樹脂がプチルゴムで頑固に引っ付いているので、プチルゴムをドライヤーで温めてマイナスドライバーや内張り剥がしを使用して剥がしていく必要があります。

温め方は他に、ドライヤーより強力なヒートガンやお湯につける、暑い日なら日光に当てておく等色々な方法があります。

ドライヤーが手軽そうだったので、この方法でウインカー側から始めましたが、なかなか大変で、温めてはちょっとづつ剥がしていくという作業の繰り返し( ゚ ρ ゚ )

当初の予定では全部外れるまでプチルゴムを剥がしていく予定のはずが途中で断念。手がギリギリ入る所まできたらO.Kとしましたε-(´・`) フー

剥がしていく際、プチルゴムがレンズに付着するとなかなか取れない為、作業する部分以外はマスキングテープを貼り付けておくことをお勧めします。

開いたスキマからLEDテープを入れていきます。

LEDテープは白地にアンバーのこちらの商品を使用⇒SMD・激薄・高輝度【LEDテープ】30cm/LED15個 青・白・赤・アンバー・緑・紫・ピンク

テープを貼り付けるとLEDの配線を外に逃がす必要がある為、樹脂部分に小さな穴を開け、線を通します。一応穴のスキマはふさいでおきます。私はドライバーに付いてしまったプチルゴムを再利用しました。

再びレンズと樹脂パーツをくっつける為、ドライヤーでプチルゴムを温めてくっつけます。

狭い隙間+曲面という悪環境の中(全部剥がせばよかったものを・・)、ようやく貼ることができましたが・・・・

CA3A0016.JPG

ちょっとゆがんでしまいました。波打ってます( ̄□ ̄;)!!

気を取り直して、LEDのプラス線をウインカーのプラス線に、マイナス線をマイナス線に繋げます。

ハイエース本体にウインカーとグリルを元に戻せば完成です。

LEDウインカー

ゆがんで気になっていた部分も実際に車に装着してみると、レンズにカットが入っている為、気にならなかったですd(>_< )
sponsored link


戻る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。