フロアのデッドニングをDIYで〜方法・効果〜レアルシルト編2

フロアのデッドニングをDIYで〜方法・効果〜レアルシルト編2 の内容を説明するページ。トヨタのHIACE(CBA-TRH214W)のカスタム日記やパーツ紹介


ハイエース200系ワゴンGLブログ



フロアのデッドニングをDIYで〜方法・効果〜レアルシルト編2

200系ハイエースにデットニングをDYIで施行してみました。

今回デッドニングを施すのは運転席、助手席のフロアまわりを制振、防音をしていきます。・・・初めから見るのはコチラ

防音処理を施す為に鉄板剥き出しの状態にしていきます。

シートはネジ4本でとめてあります。シート下にシートベルト警告のコードが繋がっているので、注意が必要です。

シートの次はカーペットを外していきます


ここまで外しました。

カーペットを外すと結構な砂や小さなゴミが出てきました。(何故か小銭も出てきます)砂などは掃除機で吸い取っておきましょう('-'*)

次はレアルシルトを貼っていきますが、その前に粘着性を高める為に、油分を脱脂する必要があります。

私はシリコンオフを使用して鉄板を拭いていきました。

貼っていくレアルシルトはあらかじめ4つにカットしておいた方が貼りやすいです。

貼る部分は鉄板の薄そうな部分(平面部分)を中心にエンジン周りをまんべんなく貼っていきます。

フロアデッドニング

運転席、助手席の裏側も忘れずに貼っていきます。

ハイエース デッドニング

レアルシルト10枚では、エンジン周りは足りましたが、足元のフロアを貼り尽くす事は出来ませんでした(/_<)

作業中は軍手等を付ける事をオススメします。知らない間に手に切り傷が複数出来てしまいました。

レアルシルトで防振後はオトナシートで防音していきます。・・・続きはこちら
sponsored link


戻る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。