200系ハイエースの助手席シートリクライニング加工

200系ハイエースの助手席シートリクライニング加工 の内容を説明するページ。トヨタのHIACE(CBA-TRH214W)のカスタム日記やパーツ紹介


ハイエース200系ワゴンGLブログ



200系ハイエースの助手席シートリクライニング加工

200系ハイエースの助手席シートリクライニング加工を紹介します。

私の乗っている200系ハイエースワゴンGLは助手席を後ろまでリクライニングできません┐(´-`)┌

200系 ハイエース シート世間一般のワゴンでは当たり前のシートのリクライニングですが、200系ハイエースのワゴンGLの助手席は背もたれを倒してフラットにするという行為が出来ないのです。(おそらくS-GLやコミューターも出来ないでしょう)

今回はそんな助手席をリクライニング出来るように加工します(^▽^)
まずシートを加工する為にハイエースからシート本体を取り外します。

加工はシートをサンダーで加工する為、火花が飛び散ります。火花で生地に穴が空いてしまうので、面倒臭くても外しましょう播(≧▽≦*)

取り外し方は、シートの足にボルトがあるので外します。前と後ろ4箇所でシートが固定されております。ボルトを外し、シートを外す際、シートベルトの警告の配線が付いているのでコネクターを抜くのを忘れずに。

ハイエース リクライニング加工
次はシートの関節に付いているカバーを外します。左右両方外しておきます。

カバーを外すと見えてくる金属が今回加工する部分です。

加工するのはの部分にある爪です。続きはこちら

sponsored link


戻る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。